スマホ老眼は20代、30代でも起こる!?

最近、「スマホ老眼」という言葉を耳にするようになってきました。

スマホ老眼は、その名のとおり、
スマホを見ている時間が長いことで起こる症状です。

目のピントをスマホにばかり合わせていることで、
遠くを見た時にピントが合わせずらくなってしまう、
ということだそうです。

「老眼」という名称にはなっていますが、
20代、30代の人にも起こる症状ですから注意しましょう。

目のピント調節機能が低下してしまうことが原因です。
そんなことがないように、日頃からスマホばかりでなく、
意識して遠くも見るようにしたいものです。


もし、スマホ老眼の症状が気になるようでしたら、
ファンケルの「えんきん」を試してみるのもいいかも知れません。

→ 【えんきん】の公式サイトはこちら